読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長崎ツバメリーランド

凡人が思ったことをチマチマ書いていくスタイルのやつ

CoD:MW3を懐古する Part.2

ゲーム
どうもm(_ _)m


MW3を懐古する回の第2弾、ということで前回はブッ壊れ性能の武器について書いてきたが、今回はまずマップに関してだ。

ゴチャゴチャしたマップ

本作は武器の性能とマップの構造が密接に関係していると思う。本作に登場するマップは、ダウンロードコンテンツによる追加マップを除けば、16ある。マップのロケーションは様々で、アフリカの村、パリの街、シベリアの基地、ショッピングセンターなどバラエティに富んでいる。ただマップ構造はというと、どこも似たり寄ったりなマップが多い。狭く、複雑に入り組んでいる場所が多く、ロングレンジで戦う場所は少ない。複雑であるということは、必然的に出会い頭など近距離で戦う場面が増える。となれば当然近距離を得意にするSGであったり、SMG、Type95のようなARを使う方が得策である。もしも入り組んでいる要素の少ない、開けた場所の多いマップがそれなりに用意されていれば、前回紹介したような武器が目立つこともなかった…かもしれない。


そしてこれもマップの構造…といっていいのかはアレだが、このゲームには敵の位置を把握することができるUAV、敵のレーダーをジャミングすることができるカウンターUAVというものがあり、それは上空を飛んでいるため、敵が出したものは基本的に対空ランチャーで撃墜することができる。しかしMW3はあまりにも落とし辛い。小さい、見辛い、建物が邪魔でロックオンできないといった、もはや落とさせる気がないんじゃないかというレベルである。そしてこの対空のしにくさは、他の要素にも影響を及ぼしてくる。

強すぎたサポートストリーク

CoDには敵を連続でキルすることによって報酬を獲得できるシステムがある(本作はキル以外にも獲得できるケースは色々あるけど割愛)。それがストリークというもので、数多くの敵を連続でキルすれば、ヘリコプターの支援や、AC-130を要請し、地上に攻撃を行うなど強力なものになっていく。
そして本作には、サポートストリークなるものが存在する。これは連続でキルせずとも通算のキルで報酬を獲得できる。例えばUAVはサポートストリークでは4キルで使用できるのだが、4連続キルをする必要はなく、2キルした後1デスし、また2キルすれば通算4キルなので、UAVを使用することができる。こう聞くと、なかなか連続キルができない人でもCoDの醍醐味であるストリークを使用できる親切設計の有能システムに思われるかもしれない。ただ問題なのはいくつかのブッ壊れストリークがあるということだ。
まずは必要ポイント14のステルス爆撃機。要請すれば指定した地点から帯状に絨毯爆撃をしてくれる。位置がハマればアホみたいにキルできるときも多く、これがたった14ポイントというのはかなりえげつない。そして極めつけが必要ポイント18のEMP。これは上空に電磁パルスを発生させ、1分間敵の航空機、敵の電子機器、ストリークの発動すら不可能にしてしまうもの。そしてHUD(ミニマップとか、銃の弾数とか自分の視界に映ってるやつ)も無効化されるというのがかなり痛い。こんなものがサポートストリークに入ってるというのがそもそもおかしいのだが、18ポイント分稼げば誰でも使用できるということに開発中にどこからも異論が出なかったのだろうか。それとも開発陣は誰も1試合に18ポイント稼げなかったのだろうか。当然サポートストリークは初心者だけでなく上級者だって使用できるわけで、EMPのループが始まり、完全に敵のストリークを封印することだって出来るというのに。そしてループはEMPだけにとどまらない。
UAV、カウンターUAVループというのもあった。それぞれサポートで4,5キルで使用できる。基本的にストリークは3つセットするものだが、この2つで回す方が効率的だしね。正直これをやられるとかなり面倒くさかった。対空がやりやすければ、良いポイント稼ぎにもなっただろうに。UAVを探してデカイランチャー担ぎながら上向いてクルクルしてるのがアホらしくなってくるからね本作は。
EMPループ、UAV、カウンターUAVループ。こういうエグいのがあるから、こういうもののアンチになるエグいやつが出てくるんだよなあ。

ブッ壊れperkの存在

CoD特有?のシステムにperkというものがある。これは特殊能力のようなもので、ダッシュの距離を2倍にしたり、リロードのスピードを速める、爆発物のダメージを軽減するなど様々なperkが存在する。本作はperk群が3つあり、1群につき1つのperk、合計3つをセットする形式だ。そして例のごとく凶悪なperkが…。

  • アサシンプロ
まあこれがMW3を象徴するようなperkだな。UAVやサーマルスコープを無効化するといったレーダー系に引っかからないperk。別にこれだけでは凶悪perkにはならない。レーダー無効系のperkは過去作にも必ずと言っていいほどあるし、アンチUAVになるperkがないとUAVゲーになるから当然必要だからね。ただここからが問題。perkを装備した状態で特定の条件を満たせばそのperkをプロ化できる。プロ化すると、新たに能力が付与される。アサシンプロの場合、カウンターUAV、EMP等によるHUD障害を無効化できる能力が追加されるのだ。恐ろしい強さである。UAVには映らない。サーマル無効、心音センサー無効、ジャミング完全無効、アサシンプロはもはや暗殺者というより人外である。いくらなんでも能力付与しすぎじゃない?一部を他のperkに分散させた方が良かったと思うが、何を考えてこうなったのか。
しかし、アサシンプロが害悪というより、これを使わざるを得ない状況が発生しやすいことこそが害悪だと俺は思うけどね。EMPが延々と続く状況ならアサシンプロをつけたくなるし、ひっきりなしにUAV、カウンターが出てれば、つけないと不利だしね。私はといえば、初心者の分際で妙なプライドを持ってアサシンをセットしたクラスを一切用意しなかったがためによく蹂躙されていたけどね。今思えば大人しくアサシンをセットしておくのが賢明だったな。


もう一つperkを紹介しようと思うんだが、とりあえず今回はここまでで。多分次のpartが最後になると思いますわ。

f:id:spurs2896:20160522155911j:image