読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長崎ツバメリーランド

凡人が思ったことをチマチマ書いていくスタイルのやつ

CoD:MW3を懐古する Part.3

どうもm(_ _)m


MW3懐古回の第3弾ということで、多分これが最後になるはず。今回もまずはperkに関してだ…といっても紹介するのは一つだけだが。それは、前回紹介した凶悪perkアサシンに対する唯一といっていいほどの対抗perk、リーコンである。

  • リーコン
本作はアサシンの性能が抜きん出ていることもあってリーコンの存在感が若干薄いが、モードによっては試合をぶっ壊すレベルのperkである。
グレネードや、敵の目をくらませるフラッシュバン等の投擲物により相手にダメージを与えた場合、ダメージを与えた相手の向いてる方向と位置を、自分と味方のミニマップに10秒間リアルタイムで表示できるのだ。CoDのようなマップがそこまで広くなく、展開の早いゲームにおいて10秒間リアルタイムで位置バレしてるというのは、かなり厳しいものがある。MW3にはないが、BOにはブラックバードという45秒間敵の位置をリアルタイム表示できるものがある(BO2,BO3にも名前は違うが似たようなものはある)が、それは連続キルによるストリーク報酬である。誰でもセットできるperkにブラックバードもどきがあるというのは如何なものか。そしてこのperkが一番猛威をふるうのが、サーチアンドデストロイというモードである。
これは、簡単に言えば爆弾の設置、爆破側と防衛、解除側に分かれて戦うモードで、一つのラウンドで一度死ぬと復活できないのである。そのため、アホみたいに突っ込んでキルを献上することは、そのままチームの勝敗に直結するので、慎重な動きを要求される。まあたまには大胆な動きも必要だけどね。
このモードでリアルタイムで位置バレするのは、当然ながら大変不利になる。攻めるにしても守るにしてもね。そしてそれが一番顕著にあらわれるマップがある。
f:id:spurs2896:20160526155838j:image
本作で一番小さいマップのDOMEである。ここのサーチはひどかった。いや、サーチだけではなかったか。試合がスタートするときのプレイヤーの位置の都合上、とりあえず投擲物をポイポイと投げつければ、余程コントロールをミスらない限り敵プレイヤーの大半にヒットさせることができるのである。敵もそれは分かっているので、試合の最初は投擲物の応酬になる。ここにリーコンがいると、敵の動き方が丸分かりになる。サーチアンドデストロイでリーコンポイポイされると、初動が完全に把握されてしまう。これは流石にバランスブレイカー過ぎやしないかと思う。
ただ先ほど書いたようにこれがアサシンに対する数少ない対抗策であり、そのアサシンにヘイトが集まりすぎていたこともあってリーコンはそこまで叩かれていなかったように思う。リーコンが入るperk1群には、リロードモーション高速化のスライハンドという汎用性抜群のperkがあったというのも恐らく理由の一つ。他のperkに関しても書きたいことはあるが、アサシンとリーコンほど書くことはないのでperkについては以上で。


ここまで3回に渡って書いてきて、今のところMW3をボロクソに言っているが、なにも良い点が一切無かったわけではない。

  • INFECTED
個人的にMW3で一番楽しかったモード。発売当初は存在しなかったが、アップデートにより追加された。これは、いわゆる増え鬼ごっこのようなもので、マッチの最初に無作為に選ばれたプレイヤーが鬼(感染者)となり、生存者を殺すことで鬼を増やし、最終的に全員を感染させる、もしくはタイムアップまで鬼に殺されることなく生き残る、といった感じである。鬼は基本的には近接ナイフと投げナイフしか使えないため、生存者側は集団になってどこかにこもって鬼を迎え撃つという構図が多いのだが、これがとても面白い。バーガーショップをベースにして防衛網を敷いて戦う構図は個人的に一番好きだった。一人、また一人と味方がやられていって人海戦術で追い詰められていく感じが楽しく、このモードでしか遊んでいないという時期もあった。というのもINFECTEDでは、アサシンだとかEMPとかそういうものを意識することはまずないし、気楽にできるお祭りモードだったので、MW3の中のオアシスみたいな感じになっていたんだろうな。正直INFECTEDをやってる時が一番楽しかったかもしれない。

他にもMW3の良い点はあったと思うが、今は特に思いつかないのでこれで終了。


全3回に渡ってMW3を振り返ってきたが、今になって考えると、なかなかイカれたゲームだったんだなと思う。自分がこのゲームを楽しめたと思うのは、この作品がFPSに初めて触れるものだったということ、INFECTEDモードの存在、これらがあったからだろう。恐らく、本作以前に何かしらのFPSゲームの経験があったら、ボロクソに言ってそのまま辞めていたんじゃないかなあと。今回、5年前のゲームについてということもあって、流石に記憶だけじゃ曖昧なところもあったので、MW3のwikiの情報も参考にさせていただいた。意外と極少数ながら未だにwikiを閲覧してる人もいるもんだね。


2016年にMW3の記事なんぞ需要はまずないだろうが、まあこれからも自己満足で色々と書いていくつもり。5年前にCoD:MW3というゲームがあって、こういう感じの作品だったんだよというのが少しでも伝われば嬉しい。